キャッシング会社の利用条件

キャッシングは正社員・主婦・フリーター・学生など、様々な人が利用可能です。
しかし、専業主婦は銀行カードローンのみの利用に限られ、配偶者に安定した収入があることが条件となります。
アルバイトやパートをしている学生や主婦は、少額でも安定した収入を得ていることが条件になります。

 

貸金業法の中の個人での借入れは年収の1/3まで、という決まりである総量規制があるため、消費者金融の場合は借入れできる金額は各人の年収によって決まってきます。
銀行カードローンでは総量規制対象外ですが、専業主婦の場合、30万円など限度額が決められていることが多いです。
安定した収入があることを条件とするキャッシング会社が多いですが、特に収入について記載がない会社もあります。
その場合、20歳以上であれば学生、フリーター、無職の人も借りられる可能性はありますが、収入の有無を問わないわけではないので、借りられるかどうかは審査次第となります。

 

急にお金が必要になったなど、即日融資を利用したい場合は審査が早い消費者金融がおすすめです。
銀行カードローンでも即日融資は可能ですが、口座の有無などでスピードが変わりますし、対応のスピードが消費者金融の方が早い場合が多いです。

 

また、低収入など銀行カードローンの審査に不安がある人や、借りる金額が少ない人は無利息期間をうまく活用すると利息0円で返済する事も可能なため、消費者金融がおすすめです。

 

一方、高収入なサラリーマンなど審査が比較的通りやすい安定した職業などの人は、銀行カードローンがおすすめです。
総量規制の関係で、銀行ローンの方が消費者金融よりも高額な借り入れが可能ですし、消費者金融より金利が低いため返済の負担が少ないです。

 

即日融資をしているキャッシング会社は多く、条件を満たせば申込みをしたその日に借りることができます。
気を付けたい点は、14時を目安に審査を完了させるという事です。
銀行はほとんどが15時で営業を終了する為に、即日融資は14時頃までに審査を終わらせなければ難しく、消費者金融でも、14時頃までの審査完了を条件としているところが多いです。
しかし、ネット申込みや無人契約機、テレビ窓口などを利用すれば、土日祝日など関係なく即日融資が受けられ、1時間とかからず借入れする事も可能です。

 

また、銀行カードローンでは、その銀行の口座を持っているかどうかで即日融資の可否が変わる事があります。
中には口座を持っていなくても可能な銀行もあります。

 

即日融資を受ける場合は口座の有無を確認しましょう。

 

専業主婦向けキャッシングでは、申込先の口座がなくても借りられる金融機関があります。
既存の口座に振り込みが可能かどうか申込前に確認しておきましょう。

 

参考サイトタイトル:専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローン
サイトURL:http://xn--eckn7b4a2bzmob9bwec6643f9r4a8me930d.com/